ロンドンに留学なんてお金がかかり過ぎる、と思っていませんか?

1年30万円台から通えるロンドンの語学学校をご紹介。格安留学をサポート。
http://londonryugaku.net



無料
【ロンドン留学レポート】
フラットの探し方


ロンドンに留学するにあたり不安なのは
どうやって住む家を探すのか、ではないでしょうか?

ロンドンではホームステイよりも
フラットシェアが主流です。

ロンドンで自分でフラットを探すのは
実は難しいことではありません。

その方法をお教えします。

メールアドレス
新着記事
【目次】

■ロンドン視察レポート2012

ロンドン視察レポート2012
ロンドン視察レポート2012 -vo2.すばらしすぎる公園
ロンドン視察レポート2012 -vo3.Mr.Brainwash
ロンドン視察レポート2012 -vo4.Blitz@ブリックレーン
ロンドン視察レポート2012 -vo5.Albion
ロンドン視察レポート2012 -vo6. 草間・クサマ・KUSAMA!
ロンドン視察レポート2012 -vo7. ロンドンファションウィーク

■お金をかけずにロンドンに留学する方法

激安ロンドン留学マニュアル

■ロンドンにクレジットカードが必要な理由

クレジットカードが必要な理由 -1
クレジットカードが必要な理由 -2
クレジットカードが必要な理由-3

■ビザ情報

ビザ新ルール(2007.9.1〜)
ビザ申請手続きが変わります(2007.11.8〜)
ビザ申請手続き詳細発表
新ビザ申請手続き続報
ビザ申請後のパスポートの受け取りについて
イギリスビザ申請は完全予約制に【2008.5.1〜】

ワークパーミット(労働ビザ)
ワーキングホリデービザ
学生ビザ
観光ビザ

■お金をかけずにロンドンを楽しむ方法

CDを安くレンタルする方法
2100円で海外旅行する方法
ロンドンで学割を使い倒す -その1-
ロンドンで学割を使い倒す - その2 -
イギリスから国際電話
イギリスから国際電話2

■ロンドン留学にかかる費用

ロンドン留学にかかる費用
ロンドン留学にかかる費用-航空券-
ロンドン留学にかかる費用 -語学学校の授業料-
ロンドン留学にかかる費用 -家賃-
ロンドン留学にかかる費用 -光熱費-
ロンドン留学にかかる費用 -カウンシルタックス-
ロンドン留学にかかる費用 -食費-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料2-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料3-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費1(tube)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費2(トラベルカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費3(バスパス)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費4(オイスターカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費5(続・オイスターカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交遊費-
ロンドン留学にかかる費用-まとめ-

■ロンドンの語学学校

ロンドンの語学学校 1
ロンドンの語学学校 2
ロンドンの語学学校 - 格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 - 続・格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 - 続続・格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 まとめ

■ロンドンのフラット事情

ロンドンのフラット事情 -スタジオフラット-
ロンドンのフラット事情 -フラットシェア-
ロンドンのフラット事情 -フラットシェア2-
フラットシェアのメリット -1-
フラットシェアのメリット -2-
フラットシェアのメリット -3-
フラットシェアのメリット - 4 -
フラットシェアのメリット -4の続き-
フラットシェアのメリット -5-
ロンドンの家賃 -1-
ロンドンの家賃 -2-

■ロンドンが人気な理由

ロンドンの魅力
ロンドンが人気な理由 1
ロンドンが人気な理由 2
ロンドンが人気な理由 3

■ロンドン美容留学

ロンドン美容留学
ロンドン美容留学:VIDAL SASSOON(ヴィダルサスーン)
ロンドン美容留学:TONI&GUY(トニー&ガイ)
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-1-
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-2-
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-3-

■ロンドン現地情報

ロンドンに向けて始めるアフィリエイト
ロンドンに向けて始めるアフィリエイト-2-
ロンドンのネット事情
ロンドンのマーケット
ロンドン 花のマーケット
ロンドンのバスカー
ロンドンのバスカー2 - I will sing for you -
ロンドンのニューイヤー
ビッグイシュー
MATSURI ART FESTIVAL
さようならルートマスター
ビッグチルフェスティバル
ロンドン - ムスリムの街
世界で一番笑顔な時間
ロンドンのど真ん中にクジラ
ロンドンにカプセルホテル!
トップアップとは?
ニュースエージェントとは?
帰国しました!

2007年04月07日

ロンドンの美容室で働く:エクステンション-4-

ロンドンの美容室でエクステンション

ロンドンの美容室で働き、お客さんに
エクステンションをつけていた頃のお話です。

前回まではエクステンションの
楽しさについて書きました。
随分かかりましたね、しかし(笑)

さて、僕はロンドンの美容室で働いていたわけですが、
実は日本での美容経験は一切ありませんでした。

たまたまアルバイトを探していた時に、ロンドンの
美容室で働いている友達に誘われまして。

「うちの店に来いよ」と。

で、何となく成り行きで美容師デビューすること
になっちゃいました。(もちろんアシスタントで)。

え?そんなんでロンドンの美容室で働けるの?

って思う人もいると思うので、今日は
その辺りについて書こうと思います。


「そんなんでロンドンの美容室で働けるの?」

と言われたら、

「働いちゃいました」

としか言いようがないのですが、僕はできると思いますよ。

特にエクステンションのサロンなら。

僕は日本での美容室で働いたことがないのはもちろん、
美容の専門学校にも行ったことがない全くのド素人
だったわけですが、エクステンションということが
幸いしました。

この時ばかりは自分が日本人であること、
そしてチョップスティックマスターである
ことに感謝しました(笑)

これはですね、練習すれば出来るんですよ、誰でも。
特に常日頃、箸を使っている僕ら日本人ならできます。

スプーンとフォークを使う欧米人に比べると、
箸を使う民族の手先はすでに器用なんです。
ハイスタンダード。だからメキメキ上達しました。

この店は2人一組でエクステンションを付けていく
やり方でした。スタイリストがお客さんの髪の毛を
一束つまんで半分にわけます。
そこに僕らアシスタントがエクステンションをクロス
させて交互に編んでいくんですね。

extension.jpg

しかもできるだけ早くやる必要があります。

これは手先が器用な人のほうが有利です。
だから僕ら日本人は有利なんです。

とはいえ結構練習しましたよ。

空いている時間は店の椅子にエクステンション
をひっかけて。ひたすら早く交差する練習(笑)

(オラオラオラオラオラオラオラ!!!!心のなかの音)

あまりにも地味(笑)

花の都ロンドンにいるにしてはあまりにも地味(爆)

いやー、正直思いましたよ。

「オレ、ロンドンで一体なにやってんだろ?」

って。

(オラオラオラオラオラオラオラ!!!!! 心の叫び)


でもここで美容室デビューしたことが僕のロンドン留学
を楽しい方向に向かわせたことは間違いないです。

でもこれはまた先のお話(笑)


ロンドンで働きたい日本の美容師さんへ

何もビビるこたぁないです。素人の僕にもできたので。

是非トライしてみてください。応援しています。


そんな美容師さんのロンドン留学のサポートもしています。
年10万円代でロンドンに格安留学するならローコストロンドン留学



ロンドンに続くブログ 笑うロンドン留学!


2007年02月22日

ロンドンの美容室で働く:エクステンション-3-

ロンドンの美容室でエクステンション

ロンドンの美容室で働き、お客さんに
エクステンションをつけていた頃のお話です。

前回はエクステンションはいろいろ遊べて楽しいという
ことを書きました。今回もその続きです。

エクステンションには大きくわけて

●モノファイバーを使うもの



●人毛を使うものがあります。

モノファイバーっていうのはプラスチックで作った髪の毛のことです。


人毛っていうのは、そのまんま。人の髪の毛ですね。
誰が毛を提供するんでしょうね。なんだか恐い。

僕がいた美容室のエクステンションはモノファイバーを使用していました。元々かつら屋だったようです、うちの美容室は。

かつら屋がエクステンションを作って、それを自分のとこの美容室でサービスとして提供する、という極めて全うな流れです。

で、モノファイバーの良いところなんですが、なんといっても

簡単に付けられて簡単に外せる ところです。

人毛のエクステンションの場合は、地毛と接着
する際にのりみたいのでくっつけるんですね。

これがあまり美しくない

と個人的には思います。

実際僕の美容室にも人毛エクステンションを付けたお客さんが
たまに来たんです。それをRemoveする(取り外す)のも
僕の仕事だったんですが、これがとっても外しにくい。

ベタベタ髪にくっついていて嫌(笑)

モノファイバーのエクステンションの場合は、エクステンション自体を熱で溶かして接着するという方法をとります。

だからベタベタすることもありませんし、外しやすい。

あ、決して外れやすいってことではないですよ。
かなり強力なので数ヶ月はもちます。

ただ、スタッフがちょこちょとっとやると
簡単に取り外せます(コツがあります)。

そんなわけでエクステンションを付けるなら
モノファイバーのものが僕は良いと思います。


年10万円代でロンドンに格安留学するなら・・・


ロンドンに続くブログ 笑うロンドン留学!

2007年01月27日

ロンドンの美容室で働く:エクステンション-2-

ロンドンの美容室でエクステンション

ロンドンの美容室で働き、お客さんに
エクステンションをつけていた頃のお話です。

前回はエクステンションの魅力について説明しました。
急激に髪を伸ばしたり、ボリュームをつけたり、はたまた
ハイライトのような使い方をしたり、といろいろな方法が
あるというお話をしました。今回はその続きです。

エクステンションの色はたくさんあるので、好きな色を選べます。

黒や茶色のようなナチュラルカラーから金髪系、さらには
フィフスエレメントでミラジョボビッチがしていたような
ビビットなオレンジとか、アニメのコスプレしている人が
つけているカツラのような真っ青とかピンクなどの色も
あります。

http://www.domecosmetics.com/web2.0/prolin-gallery-1n.html


普通の人をいたずらにサイバー風にしたりして遊ぶこともできます(笑)

akira_s.jpg

しかも色がミックスできるので、かなり細かい色も作れます。
個人的にはピンクと白を混ぜたエクステンションがお気に入りでした。
金髪系の髪にも合うし、日本人の黒髪に入れてもキュートです。

また、ドレッドやブレイズのような
アヴァンギャルドなスタイルも創れます。

http://www.domecosmetics.com/web2.0/prolin-gallery-1n.html

これは良いですよ。地毛でドレッドなんてやった日には、
髪の固まりみたいになって、最終的には切るしかないって
いうこともあるわけですが、エクステンションなら外せ
ますからね。

しかも色も自由自在!

黒い髪に白いドレッドの束とか入れると、
ハマる人にはめちゃめちゃカッコよくキマります。

飽きたらすぐ外せる

これはエクステンションならではですね。

まとめると、エクステンションの良いところは、

●いきなり髪を伸ばしたりボリュームを加えたりできる
●髪を痛めずにいろいろな髪型、カラーに挑戦できる
●飽きたらすぐに外すことができる

こんなところでしょうか。

反対に悪いところとしては、

●費用がかかる
●かゆい

っていうことろでしょうかね。

僕も自分につけたことがありますが、とにかくかゆかった(笑)
長持ちさせるためにシャンプーの回数も減らしていたのも原因です。


当時の僕の髪は、白に近い金髪でした。

12%のディベラッパーで薄めたブリーチを1時間。

これを3回繰り返すという髪に厳しいことばかり
やっていたので、スーパーサイヤ人のような
髪の色を手に入れたもののバッサバサでした。

ディベラッパーというのは「うすめ液」のことです。カラーやブリーチに混ぜて使います。3%,6%,9%,12%の4種類があり、数字が高いほど強くなります。つまりヤバいってこと。日本では12%は販売禁止です。つまりヤバいってこと(笑)
 
で、そんな髪に黄色と青のエクステンションを入れていました。

しかも短髪(5cmくらい)なんで、
エクステンションが立っていました(笑)

この髪型がカッコ良かったのか悪かったのかはともかく、
街ゆく人々の視線が心地良かったのか痛かったのかはともかく、
僕が早すぎたのかロンドンが遅すぎたのかはともかく、

エクステンションは楽しい

そういうことです。
自分の髪を使ってなかなか自由度の高い遊びができます。

年10万円代でロンドンに格安留学するなら・・・


ロンドンに続くブログ 笑うロンドン留学!

2007年01月24日

ロンドンの美容室で働く:エクステンション-1-

ロンドンの美容室でエクステンション

ロンドンには美容室がたくさんあります。

僕は2年くらいロンドンの美容室でアルバイトしていた
わけですが、美容室といってもいろいろあります。

ロンドンでは2つの美容室で働いたのですが、
(トライアルワークも含めると3つ)、そのうちの
ひとつはエクステンションで有名なサロンでした。

本当かどうかは知りませんが、イギリスで一番初めに
エクステンションを紹介したヘアサロンだそうです。

エクステンションを知らない方もいるかも
しれないので簡単に説明しておきますね。

エクステンションっていうのは、もともと伸張とか拡張
っていう意味です。それが髪を伸ばす、付け加えるという
意味合いでエクステンションと呼ばれるようになりました。

エクステンションの良いところは、あっという間に
髪を伸ばせるということですね。普通だったら何年
もかかるような髪の長さに1日でなれちゃいます。

こんな感じ
  ↓
http://www.domecosmetics.com/web2.0/monofibre-system.htm

ただ髪を伸ばすだけではなくて、ハイライト(メッシュ)
のような使い方もできます。

例えば黒い髪をした女性がいたとしますよね。でも、

「それじゃちょっとつまらないからちょっとメッシュを入れて」

って話になった時に、例えば白に近い金の
エクステンションを部分的に編み込むわけです。

そうするとまるで部分的にブリーチしたような感じになるわけです。
実際にはブリーチを使用しないので髪がいたまないのが良いですね。

簡単にとか言いながら結構長くなっちゃったんで続きはまた次回。

年10万円代でロンドンに格安留学

ロンドンに続くブログ 笑うロンドン留学!

2006年12月17日

ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-3-

ロンドンの美容シーンにおいて欠かすことができないイベント、
オルタナティブヘアーショウ。イギリス、そしてヨーロッパを代表する大きなヘアーショウです。前回の続きです。

僕がショー当日にやったことは、主に髪につける
エクステンションを作ったり、シャンプーをしたり
という感じでしたね。

控え室でヘアメイク、顔のメイク等全てやるのですが、特別な部屋ではありません。あくまでもロイヤルアルバートホール、由緒正しきホールにある一室です。

当然シャンプー台なんてありません。
でも無理矢理シャンプーしちゃいます。

うちのお店のBOSSがモデルのひとりの髪の色(ビビットな赤でした。写真がなく残念)が気に入らなかったらしく、僕に指令がでました。シャンプーしろと。

鮮やかすぎる色をもう少し落としたかったんですね。

「え、どこで?シャンプー台なんてないよ」

って目で伝えたのですがそんなことはお構いなし。

「ヒデ、シャンプーしてくれるか?」

と言い方こそ柔らかかったものの、目はナイフみたいに尖ってた。

まさに、意図するところは

「Shampoo OR Die」

もちろん謹んでシャンプーを選ばせていただきました。

シャンプー台でないところでシャンプーするのも大変でしたが、
そんなことろでシャンプーされちゃうモデルさんも大変です。
ショーのモデルって結構ハードだなーと思った次第です。

当日はみんなかなりテンパってます。バタバタです。
でもやっぱりやり終わった後の充実感っていうのは良いもんですね。

ロンドンに来てから突如迷い込んだ美容業界ですが、こんな大きな
ヘアーショーに関わることができて本当にラッキーでした。

留学って何が起こるか分かりませんよ、本当に。

ロンドンの美容師で働いてみたい美容師さんで、
ヘアーショーにも興味のある人は、ヘアーショーに
積極的に参加しているサロンで働くと良いかも
知れませんね。

年10万円代でロンドンに格安留学するなら・・・
激安ロンドン留学のすすめ


ロンドンに続くブログ 笑うロンドン留学!

2006年11月30日

ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-2-

ロンドンの美容シーンにおいて欠かすことができないイベント、
オルタナティブヘアーショウ。イギリス、そしてヨーロッパを代表する大きなヘアーショウです。前回の続きです。

僕が参加したのは2003年です。僕が働いていた美容室
はイギリス代表(?)として、招待されました。世界中
からいろいろなヘアサロンが集められました。
日本からもMinxとという美容室が参加しました。

Minxのショウを観ましたがとっても良かったですよ。
傘を効果的に使ったショウで、うちのスタッフもかなり
気に入っていました。

日本的なモチーフをシャープに使った表現というかなんというか。

僕は会場の上の方から観ていたんですが、とにかく綺麗でしたね。
肝心のヘアーの方をあんまりみていなかったんですが(笑)、
ショーとして秀逸だと思いました。

因みにうちのサロンのモデルさんはこんな感じでした。

model1.jpg


model2.jpg


ヘアーショーというよりもはや仮装大会ですが(笑)

model3.jpg

でも結構雑誌に写真が掲載されたりしたんですよ。

ショーのモデルさんの髪は前もってうちのお店で手がける
わけですが、切られたり、カラーを入れられたり、コームで
逆毛つくって爆発させられたり(笑)

モデルさんもいろいろ大変です。

次回もう一回オルタナティブヘアーショウについて書きます。


年10万円代でロンドンに格安留学するなら・・・



ロンドンに続くブログ 笑うロンドン留学!

2006年11月20日

ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-1-

ロンドンの美容シーンにおいて欠かすことが
できないイベントが2つあります。

オルタナティブヘアーショウサロンインターナショナルです。

1年も通じてロンドンに美容留学に来るような人の多くは
このイベントを観に行くと思います。それだけ有名なイベントです。

今回はそのひとつオルタナティブヘアーショウについて書きます。

Alternative Hair Show

オルタナティブヘアーショウは毎年行われているヘアーショウで
、ヨーロッパ最大規模のイベントです。ロンドンで行われます。
僕が参加した時は、ロイヤルアルバートホールで開催されていましたが、2006年は違う会場で行われたみたいですね。

ロイヤルアルバートホールは、ヨーロッパ建築を代表するような重厚なつくりの伝統のあるホールです。コンサートなどにもよく使われます。アルフィーがロンドン公演を行う時は何故かこのホールを使います(笑)。でも高見沢氏はともかく、アルフィーのイメージには合いません。日本のアーティストでしっくりくるのは美輪明宏かGacktくらいですね。

毎年世界各地から選りすぐりの美容室が参加し美を競い合います。
ヘアーショウではありますが、実際には衣装も相当凝った
ものを作りますし、ダンスがあったり、演劇のようなもの
があったりと、盛り沢山です。

僕はスタッフなのでタダで入れてもらえましたが、チケット
を買ったら結構高いです。席にもよりますが、高いものだと
数万円したりします。大相撲並みです(笑)

ですが、会場の独特の雰囲気、熱狂的な空間は味わったほう
が良いと思います。美容師さんはもちろん、美容の業界に
携わる人は観たほうが良いと思いますよ。

ショーとして、エンターテインメントとして面白いですから。

オルタナティブヘアーショウの続きはまた次回。

年10万円代でロンドンに格安留学するなら・・・



ロンドンに続くブログ 笑うロンドン留学!




2006年11月06日

ロンドン美容留学:TONI&GUY(トニー&ガイ)

ロンドンに美容留学するひとはたくさんいます。
日本の美容師さんも毎年たくさんやってきます。

一番ポピュラーなのは、有名サロンが主催する
アカデミーに参加するというものです。

前回ご紹介したVIDAL SASSOON(ヴィダルサスーン)が
主催するスクールに双璧をなすのが
TONY&GUY(トニー&ガイ)のスクールです。

TONY&GUYもまた世界を代表するヘアサロンです。
現在世界中に400店舗を構えています。

「技術はロンドン 感性はイタリア」

をコンセプトに常に斬新なスタイルを提案し、
美容界では知らないひとはいません。

日本にも青山をはじめとしてとして出店しているので
知っている方も多いでしょう。学校もありますね。

そんなTONI&GUYのアカデミーの総本山がロンドンにあります。

世界中から多くの美容師がこのアカデミーのためにやってきます。
こちらもVIDAL SASSOONに負けず劣らず確固たるブランドを
築いていますね。

コースはいろいろありますが、やっぱりお値段もお高いですね。

こちらも5日間で£1,000を越えるコースがザラですね。
30週間の長期のコースは£10,893。

一体いくらなんでしょう?
計算してみてください。

僕が通っていた語学学校なら20年以上通えます(笑)

これはもう完全に投資ですね。
技術を手に入れるというのはもちろんですが、

「TONI&GUYのスクールでNVQをとった」

っていうのはひとつのブランドになりますからね。
CV(履歴書)を書く際にも有利になるんでしょうね、きっと。

ブランドってそういうもんだと思います。

年10万円代でロンドンに格安留学するなら・・・



ロンドンに続くブログ 笑うロンドン留学!


2006年10月31日

ロンドン美容留学:VIDAL SASSOON(ヴィダルサスーン)

ロンドンに美容留学するひとはたくさんいます。
日本の美容師さんも毎年たくさんやってきます。

一番ポピュラーなのは、有名サロンが主催する
アカデミーに参加するというものです。

なんといっても一番有名なのはVIDAL SASSOON(ヴィダルサスーン)
が主催するスクールですね。

ヴィダルサスーンアカデミーは、ヴィダルサスーン氏
がプロのヘアカット・カラーリング・スタイリング技術
を磨く機会提供を目的として1969年、ロンドンで初めて
オープンしたスクールです。

もう35年以上の歴史があるんですね。

ロンドンに3校あります。イギリス、アメリカ、
カナダ、ドイツの4カ国に26のサロンがあります。

現在、ロンドンアカデミーの生徒の約30%は日本人だそうです。
サスーン氏の哲学と技術は日本の美容界にも多大な影響
を与えているんですね。

そんなわけで「一度体験してみよう」と、はるばる
海を越えて日本から美容師さんがやってくるわけですね。

美容室のオーナーがスタッフ教育の一環として、1週間程
ヴィダルサスーンアカデミーに美容留学させるというケース
も結構ありますね。

コースはいろいろありますが、いづれもお値段はお高いです。

5日間のコースで£1,000を越えるコースもザラです。
高いものになると5日間で£2,500(約55万円!)というのもあります。

僕の通っていた語学学校に5年間通えます(笑)

さすがですね。世界のブランドは違います。

次回はもうひとつのトップサロン、Toni&Guyについて書きます。


年10万円代でロンドンに格安留学するなら・・・



ロンドンに続くブログ 笑うロンドン留学!



2006年10月27日

ロンドン美容留学

ロンドン美容留学

ロンドンは美容のメッカです。

ロンドンには世界的に有名な美容室があります。
代表的なサロンといえばやっぱり、

VIDAL SASSOONToni&Guyです。

日本でも有名ですね。

ロンドンに美容留学する人は多いです。

美容留学といってもいろいろです。

一番ポピュラーなのは、ヴィダルサスーントニー&ガイ
が運営しているスクールに通う方法です。
毎年日本から沢山の美容師さんがやってきます。

3日くらいのコースから30週間くらいの長期コースまで
いろいろあります。

もうひとつの方法としては、学校に通わずに、ロンドンの美容室で
働きながらサロンワークを学ぶという方法です。

午前中は語学学校に行って、午後から美容室でアルバイト
をするというパターンが多いですね。

これならワークパーミットを取らなくても学生ビザで働けます。

僕はこういうスタイルも美容留学といっていいと思います。

次回はそれぞれの美容留学についてもう少し詳しくみていきましょう。


ロンドンに年10万円代で留学するなら・・・


ロンドンに続くブログ 笑うロンドン留学!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。