ロンドンに留学なんてお金がかかり過ぎる、と思っていませんか?

1年30万円台から通えるロンドンの語学学校をご紹介。格安留学をサポート。
http://londonryugaku.net



無料
【ロンドン留学レポート】
フラットの探し方


ロンドンに留学するにあたり不安なのは
どうやって住む家を探すのか、ではないでしょうか?

ロンドンではホームステイよりも
フラットシェアが主流です。

ロンドンで自分でフラットを探すのは
実は難しいことではありません。

その方法をお教えします。

メールアドレス
新着記事
【目次】

■ロンドン視察レポート2012

ロンドン視察レポート2012
ロンドン視察レポート2012 -vo2.すばらしすぎる公園
ロンドン視察レポート2012 -vo3.Mr.Brainwash
ロンドン視察レポート2012 -vo4.Blitz@ブリックレーン
ロンドン視察レポート2012 -vo5.Albion
ロンドン視察レポート2012 -vo6. 草間・クサマ・KUSAMA!
ロンドン視察レポート2012 -vo7. ロンドンファションウィーク

■お金をかけずにロンドンに留学する方法

激安ロンドン留学マニュアル

■ロンドンにクレジットカードが必要な理由

クレジットカードが必要な理由 -1
クレジットカードが必要な理由 -2
クレジットカードが必要な理由-3

■ビザ情報

ビザ新ルール(2007.9.1〜)
ビザ申請手続きが変わります(2007.11.8〜)
ビザ申請手続き詳細発表
新ビザ申請手続き続報
ビザ申請後のパスポートの受け取りについて
イギリスビザ申請は完全予約制に【2008.5.1〜】

ワークパーミット(労働ビザ)
ワーキングホリデービザ
学生ビザ
観光ビザ

■お金をかけずにロンドンを楽しむ方法

CDを安くレンタルする方法
2100円で海外旅行する方法
ロンドンで学割を使い倒す -その1-
ロンドンで学割を使い倒す - その2 -
イギリスから国際電話
イギリスから国際電話2

■ロンドン留学にかかる費用

ロンドン留学にかかる費用
ロンドン留学にかかる費用-航空券-
ロンドン留学にかかる費用 -語学学校の授業料-
ロンドン留学にかかる費用 -家賃-
ロンドン留学にかかる費用 -光熱費-
ロンドン留学にかかる費用 -カウンシルタックス-
ロンドン留学にかかる費用 -食費-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料2-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料3-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費1(tube)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費2(トラベルカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費3(バスパス)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費4(オイスターカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費5(続・オイスターカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交遊費-
ロンドン留学にかかる費用-まとめ-

■ロンドンの語学学校

ロンドンの語学学校 1
ロンドンの語学学校 2
ロンドンの語学学校 - 格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 - 続・格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 - 続続・格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 まとめ

■ロンドンのフラット事情

ロンドンのフラット事情 -スタジオフラット-
ロンドンのフラット事情 -フラットシェア-
ロンドンのフラット事情 -フラットシェア2-
フラットシェアのメリット -1-
フラットシェアのメリット -2-
フラットシェアのメリット -3-
フラットシェアのメリット - 4 -
フラットシェアのメリット -4の続き-
フラットシェアのメリット -5-
ロンドンの家賃 -1-
ロンドンの家賃 -2-

■ロンドンが人気な理由

ロンドンの魅力
ロンドンが人気な理由 1
ロンドンが人気な理由 2
ロンドンが人気な理由 3

■ロンドン美容留学

ロンドン美容留学
ロンドン美容留学:VIDAL SASSOON(ヴィダルサスーン)
ロンドン美容留学:TONI&GUY(トニー&ガイ)
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-1-
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-2-
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-3-

■ロンドン現地情報

ロンドンに向けて始めるアフィリエイト
ロンドンに向けて始めるアフィリエイト-2-
ロンドンのネット事情
ロンドンのマーケット
ロンドン 花のマーケット
ロンドンのバスカー
ロンドンのバスカー2 - I will sing for you -
ロンドンのニューイヤー
ビッグイシュー
MATSURI ART FESTIVAL
さようならルートマスター
ビッグチルフェスティバル
ロンドン - ムスリムの街
世界で一番笑顔な時間
ロンドンのど真ん中にクジラ
ロンドンにカプセルホテル!
トップアップとは?
ニュースエージェントとは?
帰国しました!

2007年12月09日

イギリス:新ビザ申請手続き続報

さて、前回の記事に引き続き、2008年11月8日から適用されたイギリスの新しいビザ申請方法について。

僕が主宰しているローコストロンドン留学のお客さんも、新ルール以降すでに何人か申請されています。

ビザ申請センターに直接出向いて申請しなければいけなくなったんですが、ちょっとアレですね。ヒドいですね。

何がヒドいかっていうと、話が違うんです。
例えば、英国ビザ申請センターのホームページには、

●例えば申請者が月曜日の午前中に申請した場合、木曜日の午後
 にはパスポートと必要書類を受け取ることが出来ます。

と書いてありますが、実際には4営業日ではできません。
普通に「7営業日」とか言われるようです。
土日は休みなのでこの場合、実際は約10日かかるってことですね。

これはまあ良いです。
これについては仕方ないところもあります。
混んでいればそれだけ申請に時間がかかるでしょうから。

ただし、次のものは問題だと思うんです。
同サイトでは、

●申請時には本人が出向かなければいけないが、
 ビザ申請後のパスポートは宅急便にて配送可能

と書いてあります。ですが、実際には宅急便での配送を受け付けてくれません(2007年11/29現在)。
僕のお客さんは大阪の英国ビザ申請センターに行ったのですが、

「宅急便での郵送はできません。また受け取りに来てください」

と言われました。
また取りに来てくださいって。。。。

その方は東京でも大阪でもないところに住んでいます。大阪のビザ申請センターに行くだけで結構な交通費と時間がかかってしまいます。
それをまた取りに来いって、しかし。

また仕事休んで、
また往復の交通費払って、
また時間使って、

わざわざパスポートと必要書類と受け取りに行くためだけに
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大阪(または東京)まで出向かなければいけないということです。
これはちょっとヒドくないですか?

北海道の人とかどうするんでしょうか?
怒りますよ、絶対。

ビザを申請した翌日くらいにパスポートが受け取れるのであれば一泊するんでしょうけど、一週間も10日もかかるんならそりゃ帰りますよね?
ホテルに一週間と泊まるのだって高くつきますし、第一そんなに暇じゃないですよ、皆さん。

直前までバイトしてお金貯めている人だって沢山いるんですから。

(ビザ申請時)北海道から東京(または大阪)までの飛行機代往復●万円
(パスポート受取時)北海道から東京(または大阪)までの飛行機代往復●万円

合計でいくら払わせる気なんでしょうか?
これから留学する、少しでもお金をセーブしたい人にいくら払わせる気なんでしょうか?

これはヒドい話です。

ビザ申請に際して指紋採取をするというルールができたわけなので、本人が直接東京または大阪に出向かなくてはいけなくなったことは仕方ないでしょう。

世界的にも今後このルールがこれから採用されていくでしょうし、その先駆けと思えば仕方ないです。

でも申請が終わった後のパスポートは郵送してあげたっていいじゃない!

今までは郵送でできていたわけですから、これからもやって欲しいものです。しかもホームページにも「郵送可能」って書いてあるんだから。
それはちゃんとやんないと。

どうもアレですね。

今回のビザ申請方法の変更は見切り発車した感がありますね。告知されたのも急だったし。

もちろん水面下で準備はしていたんでしょうけど、現状では全然追いついていないですね。

約束したことが守られていません。
約束したサービスが提供されていません。

それを含めて「イギリスらしい」といえばそれまでなんですが、これからワクワクしながらイギリスに留学される人のことを思うと残念ですね。

早急に何とかして欲しいと強く思います。
これからビザを申請する人は気をつけてくださいね。

※2008年3月4日現在、申請後のパスポートは郵送してもらえるようになっています。詳細はこちらの記事を確認してください。
 
年10万円台でロンドンに格安留学するなら・・激安ロンドン留学マニュアル


ロンドンに続くブログ 笑うロンドン留学!


ロンドン留学ブログposted by ジーパン at 18:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | ビザ
この記事へのコメント
これらのお話よおおおおおおく、わかります。なにせ、私も先日、VISAセンターに行ってきて、結果をまつているので、、しかも、それ、知ったの遅くて、その時は前回のように一日でなにごともなければVISAとれるとおもっつて、イギリスで、里帰り便の降空券を13日の滞在で予約して、、、とかなりせっぱつまっつてます。なかなか連絡も思うようにとれないし、、、かなりやつれましたよ!
Posted by ayan at 2008年05月26日 17:52
はじめまして。
郵送は手数料を支払えば可能ですよ。
1500円くらいだったかな?
ただ、渡航日が迫っている場合には断られてしまうようです。
申請内容に問題がなく、出国まで1ヶ月程度余裕があれば郵送に応じてくれるはずです。
Posted by 通りすがり at 2008年06月10日 16:18
>ayanさん

昔みたいにその日にもらえるほうが良いですよね。今は時間がかかるので余裕をもって準備することが大事ですね。

>通りすがりさん

ブログの記事の一番下にも書きましたけど、申請後のパスポート(その他の書類)は郵送可能になりましたね。

当たり前のことなんですが、一時期(この記事を書いた頃)はそれすらできていなかったんですね。
Posted by ジーパン@笑うロンドン留学 at 2008年08月04日 14:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。