ロンドンに留学なんてお金がかかり過ぎる、と思っていませんか?

1年30万円台から通えるロンドンの語学学校をご紹介。格安留学をサポート。
http://londonryugaku.net



無料
【ロンドン留学レポート】
フラットの探し方


ロンドンに留学するにあたり不安なのは
どうやって住む家を探すのか、ではないでしょうか?

ロンドンではホームステイよりも
フラットシェアが主流です。

ロンドンで自分でフラットを探すのは
実は難しいことではありません。

その方法をお教えします。

メールアドレス
新着記事
【目次】

■ロンドン視察レポート2012

ロンドン視察レポート2012
ロンドン視察レポート2012 -vo2.すばらしすぎる公園
ロンドン視察レポート2012 -vo3.Mr.Brainwash
ロンドン視察レポート2012 -vo4.Blitz@ブリックレーン
ロンドン視察レポート2012 -vo5.Albion
ロンドン視察レポート2012 -vo6. 草間・クサマ・KUSAMA!
ロンドン視察レポート2012 -vo7. ロンドンファションウィーク

■お金をかけずにロンドンに留学する方法

激安ロンドン留学マニュアル

■ロンドンにクレジットカードが必要な理由

クレジットカードが必要な理由 -1
クレジットカードが必要な理由 -2
クレジットカードが必要な理由-3

■ビザ情報

ビザ新ルール(2007.9.1〜)
ビザ申請手続きが変わります(2007.11.8〜)
ビザ申請手続き詳細発表
新ビザ申請手続き続報
ビザ申請後のパスポートの受け取りについて
イギリスビザ申請は完全予約制に【2008.5.1〜】

ワークパーミット(労働ビザ)
ワーキングホリデービザ
学生ビザ
観光ビザ

■お金をかけずにロンドンを楽しむ方法

CDを安くレンタルする方法
2100円で海外旅行する方法
ロンドンで学割を使い倒す -その1-
ロンドンで学割を使い倒す - その2 -
イギリスから国際電話
イギリスから国際電話2

■ロンドン留学にかかる費用

ロンドン留学にかかる費用
ロンドン留学にかかる費用-航空券-
ロンドン留学にかかる費用 -語学学校の授業料-
ロンドン留学にかかる費用 -家賃-
ロンドン留学にかかる費用 -光熱費-
ロンドン留学にかかる費用 -カウンシルタックス-
ロンドン留学にかかる費用 -食費-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料2-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料3-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費1(tube)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費2(トラベルカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費3(バスパス)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費4(オイスターカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費5(続・オイスターカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交遊費-
ロンドン留学にかかる費用-まとめ-

■ロンドンの語学学校

ロンドンの語学学校 1
ロンドンの語学学校 2
ロンドンの語学学校 - 格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 - 続・格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 - 続続・格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 まとめ

■ロンドンのフラット事情

ロンドンのフラット事情 -スタジオフラット-
ロンドンのフラット事情 -フラットシェア-
ロンドンのフラット事情 -フラットシェア2-
フラットシェアのメリット -1-
フラットシェアのメリット -2-
フラットシェアのメリット -3-
フラットシェアのメリット - 4 -
フラットシェアのメリット -4の続き-
フラットシェアのメリット -5-
ロンドンの家賃 -1-
ロンドンの家賃 -2-

■ロンドンが人気な理由

ロンドンの魅力
ロンドンが人気な理由 1
ロンドンが人気な理由 2
ロンドンが人気な理由 3

■ロンドン美容留学

ロンドン美容留学
ロンドン美容留学:VIDAL SASSOON(ヴィダルサスーン)
ロンドン美容留学:TONI&GUY(トニー&ガイ)
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-1-
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-2-
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-3-

■ロンドン現地情報

ロンドンに向けて始めるアフィリエイト
ロンドンに向けて始めるアフィリエイト-2-
ロンドンのネット事情
ロンドンのマーケット
ロンドン 花のマーケット
ロンドンのバスカー
ロンドンのバスカー2 - I will sing for you -
ロンドンのニューイヤー
ビッグイシュー
MATSURI ART FESTIVAL
さようならルートマスター
ビッグチルフェスティバル
ロンドン - ムスリムの街
世界で一番笑顔な時間
ロンドンのど真ん中にクジラ
ロンドンにカプセルホテル!
トップアップとは?
ニュースエージェントとは?
帰国しました!

2007年11月21日

イギリス:ビザ申請手続き詳細発表

さて、前回の記事でイギリスのビザ申請手続きに変更があったことを書きました。

簡単に言うと、

●2007年11/8(木)からは東京と大阪に新しくビザ申請センターっていうのができて、これからは英国大使館ではなくここでビザの申請する必要があるということ

●郵送での申請は不可で、必ず本人が出向いて申請しなければいけなくなること

 
この2点が大きな変化です。

で、これからは英国ビザ申請センターでフィンガースキャン(指紋採取)とデジタル写真撮影が義務づけられるということも書きました。


ただ、前回記事執筆時には英国ビザ申請センターのサイトがまだ出来ていなかったこともあり、詳しいことが分かりませんでした。


11/2(金)にビザ申請センターのサイトが公開されたので早速見てみました。

http://www.vfs-uk-jp.com


そこで分かったことを今日は書きますね。

 
まず気になる申請料金について。


指紋採取と写真撮影が加わったためビザ申請料金もアップするのでは?


と思っていましたが、サイトを見る限り学生ビザの申請料金は据え置きのままのようですね。

http://www.vfs-uk-jp.com/japan/visafees.aspx


1ポンド=240円計算で23,760円とあるので、
99ポンドってことですね。今まで通り。

これは良かったですね。

僕はてっきり5万円くらいにまで値上がりするものと思っていました。
 
実際、イギリス国内で学生ビザを延長しようと思うと
500ポンド(約12万円)かかるんですよ!


 「ビザ申請料金だけで一体いくら稼いでいるんだろ?
  
  国をあげて凄いビジネスしているなあ。。。」

              (心の声)
 
そんな事情があったので、申請料金が5万円になっても
何の不思議はないと思っていた僕にとってこれは朗報でした。

申請料金据え置き、これは良かった点です。

しかしやっぱりというか、いつくか変更点もあります。

まず大きいのは、

●ビザ申請用紙が変わってしまった

ということです。

今まで学生ビザの申請用紙は10ページにも及ぶものでした。
結構長いですよね。

質問がたくさんあって、それに申請者が答えていくかたちです。

ビザの申請をしたことがある人は分かると思いますが、
これ書くのは結構しんどいです。正直しんどい。

しかし今回なんと16ページにボリュームアップしてしまいました!

「お値段据え置きさらに60%増し!」

これ、ヒアルロン酸入りの健康食品の通販なら
嬉しいところですが、ビザに関しては嬉しくも何ともありません。

つまり面倒くさくなったってことです。

これからビザを申請する人は以前より大変になるってことですね。
ついでに僕みたいな留学エージェントも仕事が増えるってことです(笑)

僕はローコストロンドン留学利用者の方々のサポートの一環として、ビザ申請用紙の書き方のサンプルをお渡ししているのですが、今回の変更のために対応に追われています。

次に審査にかかる時間について。

これまでは、東京の英国大使館に直接出向けば基本的にその日のうちに
ビザがもらえました。が、これからはそうはいきません。

これからは、
 
●4営業日以内に審査が終了する

とのことです。

例えば申請者が月曜日の午前中に申請した場合、木曜日の午後
にはパスポートと必要書類を受け取ることが出来るということです。

土日は休みなので実質一週間くらいかかるっていうことですね。

ということは・・・

また日を改めて取りに行かないといけないということです。

これは大きな負担ですね。特に働いている方は大変です。大体留学の前はお金を貯めるために一生懸命働いていますからね、皆さん。

ただでさえ平日の昼間に東京か大阪に申請に行くのは難しい、という人もいると思うのに、また日を改めて取りに行かないといけなくなるとは・・・

と、それではあまりにひどいので、宅急便での配送もしてくれるそうです。申請には本人が直接出向かなければいけませんが、受け取りは宅急便でも可ということですね。

※ローコストロンドン留学利用者の方でビザを申請するために大阪のビザ申請センターに行った方がいます。その方は宅急便での郵送を拒否されたそうです。状況は今後変わる可能性がありますが、これから申請する人は十分注意してください。


いづれにしてもその場ですぐにはビザがもらえなくなった
ということは覚えておきましょう。

今まで以上に時間に余裕を持って準備に取りかかる必要があるということですね。

まだ他にもいろいろあるのですが今回はこの辺で。

あ、そうそう、英国大使館には電話での問い合わせができませんでしたが、英国ビザ申請センターには直接電話で問い合わせることができるようになりました。

ただし有料(笑)

一回につき7.80 USDかかります(爆)


「Q2かよ!」


いやー、電話での問い合わせにいちいちお金を取るあたり、
さすがイギリスですね。しかも一回900円。

笑わせてくれますねー。

もう一回いってやりましょうか。


「Q2かよ!」
 

ビザ申請のために問い合わせをしてくる人々から
ダイヤルQ2並の料金を徴収するなんて素敵ですね。


「絶対電話してくるなよ」


というメッセージと受け取って良いのでしょうか?


といことでいろいろ変わってしまいましたのでこれからイギリスのビザを申請する人は十分注意しましょうね。


留学エージェントを使わずにロンドンに格安留学するなら・・激安ロンドン留学マニュアル



ロンドンに続くブログ 笑うロンドン留学!

ロンドン留学ブログposted by ジーパン at 02:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | ビザ
この記事へのコメント
こんにちは。先日は急なお問い合わせにも関わらず ご親切にたいおうしていただいてありがとうございました。

学生VISAについてなのですが こちらは現地でも申請できるものでしょうか?




大塚ゆきこ
Posted by 大塚ユキコ at 2007年12月20日 18:17
>大塚さん

書き込みもされていたんですね。気づかずに失礼しました。ビザについては先日お電話でお伝えした通りです。
Posted by ジーパン@笑うロンドン留学 at 2008年01月16日 21:37
こんばんわ。私はこれからオーストラリアにワーホリで行き、ワーホリ後そのままイギリスに入国しようと考えています。
そこで日本以外でもイギリスの学生ビザは取れるのでしょうか?
Posted by 宮嶋この実 at 2008年03月19日 22:15
>宮崎さん

こんにちは。
オーストラリアからそのままイギリスに入国する場合は、イギリス入国前に学生ビザを取得しておく必要があります。(学生ビザを取って留学したい場合のことを言っています。観光の場合はビザは必要はありません。)

宮崎さんが日本国籍を持っている場合、基本的にビザの申請は日本のビザ申請センターで行うことになると思います。

日本以外の国でイギリスの学生ビザが申請できるかどうかはちょっと分かりません。

英国ビザ申請センターまで問い合わせてみてください。

よろしくお願いします。
Posted by ジーパン@笑うロンドン留学 at 2008年03月25日 17:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67934460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。