ロンドンに留学なんてお金がかかり過ぎる、と思っていませんか?

1年30万円台から通えるロンドンの語学学校をご紹介。格安留学をサポート。
http://londonryugaku.net



無料
【ロンドン留学レポート】
フラットの探し方


ロンドンに留学するにあたり不安なのは
どうやって住む家を探すのか、ではないでしょうか?

ロンドンではホームステイよりも
フラットシェアが主流です。

ロンドンで自分でフラットを探すのは
実は難しいことではありません。

その方法をお教えします。

メールアドレス
新着記事
【目次】

■ロンドン視察レポート2012

ロンドン視察レポート2012
ロンドン視察レポート2012 -vo2.すばらしすぎる公園
ロンドン視察レポート2012 -vo3.Mr.Brainwash
ロンドン視察レポート2012 -vo4.Blitz@ブリックレーン
ロンドン視察レポート2012 -vo5.Albion
ロンドン視察レポート2012 -vo6. 草間・クサマ・KUSAMA!
ロンドン視察レポート2012 -vo7. ロンドンファションウィーク

■お金をかけずにロンドンに留学する方法

激安ロンドン留学マニュアル

■ロンドンにクレジットカードが必要な理由

クレジットカードが必要な理由 -1
クレジットカードが必要な理由 -2
クレジットカードが必要な理由-3

■ビザ情報

ビザ新ルール(2007.9.1〜)
ビザ申請手続きが変わります(2007.11.8〜)
ビザ申請手続き詳細発表
新ビザ申請手続き続報
ビザ申請後のパスポートの受け取りについて
イギリスビザ申請は完全予約制に【2008.5.1〜】

ワークパーミット(労働ビザ)
ワーキングホリデービザ
学生ビザ
観光ビザ

■お金をかけずにロンドンを楽しむ方法

CDを安くレンタルする方法
2100円で海外旅行する方法
ロンドンで学割を使い倒す -その1-
ロンドンで学割を使い倒す - その2 -
イギリスから国際電話
イギリスから国際電話2

■ロンドン留学にかかる費用

ロンドン留学にかかる費用
ロンドン留学にかかる費用-航空券-
ロンドン留学にかかる費用 -語学学校の授業料-
ロンドン留学にかかる費用 -家賃-
ロンドン留学にかかる費用 -光熱費-
ロンドン留学にかかる費用 -カウンシルタックス-
ロンドン留学にかかる費用 -食費-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料2-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料3-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費1(tube)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費2(トラベルカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費3(バスパス)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費4(オイスターカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費5(続・オイスターカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交遊費-
ロンドン留学にかかる費用-まとめ-

■ロンドンの語学学校

ロンドンの語学学校 1
ロンドンの語学学校 2
ロンドンの語学学校 - 格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 - 続・格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 - 続続・格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 まとめ

■ロンドンのフラット事情

ロンドンのフラット事情 -スタジオフラット-
ロンドンのフラット事情 -フラットシェア-
ロンドンのフラット事情 -フラットシェア2-
フラットシェアのメリット -1-
フラットシェアのメリット -2-
フラットシェアのメリット -3-
フラットシェアのメリット - 4 -
フラットシェアのメリット -4の続き-
フラットシェアのメリット -5-
ロンドンの家賃 -1-
ロンドンの家賃 -2-

■ロンドンが人気な理由

ロンドンの魅力
ロンドンが人気な理由 1
ロンドンが人気な理由 2
ロンドンが人気な理由 3

■ロンドン美容留学

ロンドン美容留学
ロンドン美容留学:VIDAL SASSOON(ヴィダルサスーン)
ロンドン美容留学:TONI&GUY(トニー&ガイ)
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-1-
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-2-
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-3-

■ロンドン現地情報

ロンドンに向けて始めるアフィリエイト
ロンドンに向けて始めるアフィリエイト-2-
ロンドンのネット事情
ロンドンのマーケット
ロンドン 花のマーケット
ロンドンのバスカー
ロンドンのバスカー2 - I will sing for you -
ロンドンのニューイヤー
ビッグイシュー
MATSURI ART FESTIVAL
さようならルートマスター
ビッグチルフェスティバル
ロンドン - ムスリムの街
世界で一番笑顔な時間
ロンドンのど真ん中にクジラ
ロンドンにカプセルホテル!
トップアップとは?
ニュースエージェントとは?
帰国しました!

2013年11月05日

ロンドン視察レポート2012 -vo7. ロンドンファションウィーク

どうも、ジーパンです。
前回のロンドン視察レポートの続きです。

僕はボーラーハットが好きでよく被っています。
チャップリンがよく被っていた帽子ですね。

今回のロンドン滞在中にも、酔っぱらいに

「ヘイ!チャールズチャップリン!」

と言われました(笑)。


さて、今回の視察旅行で初めて
ロンドンファションウィークに行ってみました。

ロンドンファションウィーク(以下LFW)というのは、
年に2回ロンドンで行われているファッションイベントです。

ポール・スミス、ヴィヴィアン・ウエストウッド
といったロンドンを代表するブランドを始め、
新進の若手デザイナーも参加するエキサイティングなイベントです。

5日間にわたり、様々なブランドの
キャットウォークショーやイベントが行われます。

LFWのキャットウォークショーは招待制です。
 
基本的に写真家、メディア関係者、
ファッション関係者などしかショーの会場に入れません。

僕は現地のコネを使って何とかヴィヴィアン・ウェストウッド
のショーのチケットを手に入れようとトライしたのですが、
残念ながら手に入りませんでした。

「新進気鋭のデザイナー」という肩書きで押したんですけどね(笑)。
 
でもせっかくなので雰囲気だけでも味わおうと
会場まで行ってみました。

やっぱりチケットがないとメイン会場には入れませんでした。

メイン会場(大きな特設テントのようなもの)の周りに
ショーのモデルの出待ちを狙う人や、
会場のおしゃれさんを撮ろうと狙っているカメラマンが沢山いました。

じゃ僕も撮ろう、と思っていたら、


「写真撮って良いですか?」


というオファーが一件。


二件。


三件・・・・・・・・・殺到(笑)!


道の真ん中に立たされるは、ポージングを要求されるは、恥ずかしことこの上なし。 
 
こちとら素人なのに。

一回撮影に応じると、便乗して5人くらいの
カメラマンがその横で勝手に撮影し始めて、
シャッター音鳴りまくりになります。

なんだ、これ?


スターか(笑)。


その上、僕を撮影した女性カメラマンの人と少し話していたら、


「はい、そこの2人、写真撮っても良いかい?」


と別のカメラマンに声をかけられ
その女性カメラマンと一緒ににポーズさせられるは、


「はい、じゃあ腕を組んで」


とか言われるわ(笑)、めちゃめちゃでした。

 
さすがに腕組むのは断ったけどね。



「We don't know each other(僕ら知り合いじゃないんだけど)」

って説明したら「Oh, Really?」だって(笑)


勝手にカップルに仕立てておいて、reallyじゃないっつの。

しまいにはTVクルーが出てきて
インタビューしたいとか言い始める始末。

面倒くさいので断ったけど。

どうやら"ジャパニーズチャップリン"な僕の格好は彼らには面白いらしく、
立っていると写真撮りたいと言われてしまって、ちっとも写真が撮れませんでした。


何しに来たんだ、俺。

 
なんか、雑誌やらホームページやらにスナップを載せるとのことで、
名刺をいくつかもらいました。


「ロンドンファションウィーク会場で発見した痛いファッション」
 
特集で紹介されないことを切に祈りつつ(笑)帰路につきました。

  
いかにもモデルー!っていうお姉さんやゲイのお兄さんとかが沢山見られるので、
そういうのが好きな人は一度会場に足を運んでみてください。

R0011583.jpg

R0011579.jpg

R0011598.jpg




ただし、チャップリンみたいな格好していくと写真攻めに遭います(笑)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。