ロンドンに留学なんてお金がかかり過ぎる、と思っていませんか?

1年30万円台から通えるロンドンの語学学校をご紹介。格安留学をサポート。
http://londonryugaku.net



無料
【ロンドン留学レポート】
フラットの探し方


ロンドンに留学するにあたり不安なのは
どうやって住む家を探すのか、ではないでしょうか?

ロンドンではホームステイよりも
フラットシェアが主流です。

ロンドンで自分でフラットを探すのは
実は難しいことではありません。

その方法をお教えします。

メールアドレス
新着記事
【目次】

■ロンドン視察レポート2012

ロンドン視察レポート2012
ロンドン視察レポート2012 -vo2.すばらしすぎる公園
ロンドン視察レポート2012 -vo3.Mr.Brainwash
ロンドン視察レポート2012 -vo4.Blitz@ブリックレーン
ロンドン視察レポート2012 -vo5.Albion
ロンドン視察レポート2012 -vo6. 草間・クサマ・KUSAMA!
ロンドン視察レポート2012 -vo7. ロンドンファションウィーク

■お金をかけずにロンドンに留学する方法

激安ロンドン留学マニュアル

■ロンドンにクレジットカードが必要な理由

クレジットカードが必要な理由 -1
クレジットカードが必要な理由 -2
クレジットカードが必要な理由-3

■ビザ情報

ビザ新ルール(2007.9.1〜)
ビザ申請手続きが変わります(2007.11.8〜)
ビザ申請手続き詳細発表
新ビザ申請手続き続報
ビザ申請後のパスポートの受け取りについて
イギリスビザ申請は完全予約制に【2008.5.1〜】

ワークパーミット(労働ビザ)
ワーキングホリデービザ
学生ビザ
観光ビザ

■お金をかけずにロンドンを楽しむ方法

CDを安くレンタルする方法
2100円で海外旅行する方法
ロンドンで学割を使い倒す -その1-
ロンドンで学割を使い倒す - その2 -
イギリスから国際電話
イギリスから国際電話2

■ロンドン留学にかかる費用

ロンドン留学にかかる費用
ロンドン留学にかかる費用-航空券-
ロンドン留学にかかる費用 -語学学校の授業料-
ロンドン留学にかかる費用 -家賃-
ロンドン留学にかかる費用 -光熱費-
ロンドン留学にかかる費用 -カウンシルタックス-
ロンドン留学にかかる費用 -食費-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料2-
ロンドン留学にかかる費用 -携帯電話の代金&通話料3-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費1(tube)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費2(トラベルカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費3(バスパス)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費4(オイスターカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交通費5(続・オイスターカード)-
ロンドン留学にかかる費用 -交遊費-
ロンドン留学にかかる費用-まとめ-

■ロンドンの語学学校

ロンドンの語学学校 1
ロンドンの語学学校 2
ロンドンの語学学校 - 格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 - 続・格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 - 続続・格安語学学校VS高い語学学校 -
ロンドンの語学学校 まとめ

■ロンドンのフラット事情

ロンドンのフラット事情 -スタジオフラット-
ロンドンのフラット事情 -フラットシェア-
ロンドンのフラット事情 -フラットシェア2-
フラットシェアのメリット -1-
フラットシェアのメリット -2-
フラットシェアのメリット -3-
フラットシェアのメリット - 4 -
フラットシェアのメリット -4の続き-
フラットシェアのメリット -5-
ロンドンの家賃 -1-
ロンドンの家賃 -2-

■ロンドンが人気な理由

ロンドンの魅力
ロンドンが人気な理由 1
ロンドンが人気な理由 2
ロンドンが人気な理由 3

■ロンドン美容留学

ロンドン美容留学
ロンドン美容留学:VIDAL SASSOON(ヴィダルサスーン)
ロンドン美容留学:TONI&GUY(トニー&ガイ)
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-1-
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-2-
ロンドン美容留学:オルタナティブヘアーショウ-3-

■ロンドン現地情報

ロンドンに向けて始めるアフィリエイト
ロンドンに向けて始めるアフィリエイト-2-
ロンドンのネット事情
ロンドンのマーケット
ロンドン 花のマーケット
ロンドンのバスカー
ロンドンのバスカー2 - I will sing for you -
ロンドンのニューイヤー
ビッグイシュー
MATSURI ART FESTIVAL
さようならルートマスター
ビッグチルフェスティバル
ロンドン - ムスリムの街
世界で一番笑顔な時間
ロンドンのど真ん中にクジラ
ロンドンにカプセルホテル!
トップアップとは?
ニュースエージェントとは?
帰国しました!

2006年05月19日

ロンドンのバスカー2 -I will sing for you-

以前ロンドンのバスカーという記事で書きましたが、ロンドンの地下鉄にはたくさんのバスカーがいます。

バスカーとは、路上や公共の場所で歌や楽器演奏でお金を稼ぐ人のこと
です。このような行為をバスキングと言います。

ロンドンの地下鉄でバスキングをするには、ライセンスが必要です。
オーディションを受けてパスした人だけが専用のスペース(パスキングピッチ)で演奏することを許可されます。

日本人で初めてライセンスを取得したバスカーは
土門さんという方です。

現在もロンドンの地下鉄でギターを奏で、ロンドン
の地下鉄利用者にひとときのくつろぎを与えています。

ロンドンにいる人は是非聴きにいってみましょう。
土門さんのホームページでバスキングのスケジュールが確認できます。

今日(5/19)はNotting Hill Gate駅で
16-18時の2時間Playしています。チップを忘れずに。

まだロンドンにいない人はまずは本を読みましょう。
この土門さん、2月に本を出されました。
タイトルは

地下鉄のギタリスト―Busking in London

です。この本、僕も読ませて頂きましたがすごく面白いです。
変な人間が多いロンドンですが、地下にもやっぱり変な人
が多いようです(笑)

そんな変な街で変わった人達との触れ合いを、時には戸惑いながらも
楽しんでいる土門さんの姿が笑えます。そして音楽を心から愛している
という感じが節々から伝わってきて、なんとも心地よい気分になります。

地下から見るロンドンっていうのも面白いですよ。
中途半端なガイドブック見るより遥かにリアルな
ロンドンが分かると思います。

そういう意味でもお薦めです。

これからロンドンに行くはもちろん、行く予定のない人にも
是非読んでもらいたいです。読み物として単純に面白いです。

しかし随所に感動のエピソードが散りばめられていて、
思わず涙してしまいました。

「The Blindman」というエピソードが僕は一番好きです。

作者の土門さんとは何度かメールでやり取りさせてもらって
いるのですが、土門さんにとっても「The Blindman」の話は
やはり特別な思い入れがあるそうです。

その他にも

「サウスケンジントンの健さん」や
「I will sing for you」

というエピソードも外せません。

NO Tip Today, I will sing for you

ロンドン地下鉄同時爆破テロ翌日。Buskerたちは歌い続けた。


イギリス、ロンドンを知るならこの本は是非読んでみて下さい。

地下鉄のギタリスト―Busking in London


年10万円代でロンドンに格安留学するなら・・・



ロンドンに続くブログ 笑うロンドン留学!


ロンドン留学ブログposted by ジーパン at 01:48 | Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
こんばんは!
ぱぱ☆きんぐです♪   

あぁーーーーーーー
映画で見たことあります!

地下鉄の構内での演奏。。。
あれってかっこいいですね!

ワタシも1度は生で聞いてみたいです!

応援クリック!!!
Posted by アナタの深層心理を刺激する ぱぱ☆きんぐ at 2006年05月20日 22:38
こんにちは。はじめまして。AKIと申します。現在カナダに留学していてジャンルは
違いますが自分もブログをやっています。

自分もカナダに来る前、イギリスに
行きたかったのですが、予算の都合で
カナダを選びました。

カナダにはあまり電車がなく地下鉄など
見たことありません。

バスカー見てみたいです。

それでは。また来ます。
Posted by AKI at 2006年05月21日 15:43
>ぱぱ☆きんぐ さん

おお!映画で観ましたか!
いつか生で観て下さいね。
Posted by ジーパン@笑うロンドン留学 at 2006年05月22日 05:26
> AKI さん

はじめまして、こんにちは。
カナダの方が安いんですかね。

カナダは僕も行ってみたいです。
Posted by ジーパン@笑うロンドン留学 at 2006年05月22日 05:31
ライセンスがいるなんて知りませんでした!!!

この本、読んでみようかしら???
Posted by at 2006年05月24日 23:16
> 姫 さん

こんにちは。そう、ライセンスがいるんですよ。この本はおすすめです。
文字どおりロンドンのアンダーグラウンドが
分かりますからね。
Posted by ジーパン@笑うロンドン留学 at 2006年05月24日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18007369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。